ご挨拶

写真:近藤正晃ジェームズ 公益財団法人国際文化会館は、2022年に設立70周年を迎えます。第二次世界大戦の終結後、アジアではインドの独立、中華人民共和国の誕生、朝鮮戦争勃発、と新しい国際環境が生まれつつありました。そのような中で、サンフランシスコ平和条約の締結と日本の国際社会復帰を後押しすべく、1952年に日米の有志により国際文化会館は設立されました。

我が国は、その後に誕生したリベラルな国際秩序の恩恵を受けて、世界有数の先進国となり、自由・民主主義・人権に基づく国際協調とルール作りに貢献してきました。常にこうした活動の中核にあり、半世紀以上にわたってアジア太平洋地域で続いた平和と繁栄に寄与してきたことは、国際文化会館の大きな誇りです。

近年、米中の地政学的な緊張、各国におけるナショナリズムの台頭、格差の拡大、自由貿易の後退、テクノロジーの急激な進歩などによって、国際秩序が再び不安定化しています。このように国家と国家が対立して政府間対話が困難になった時代にこそ、人々が国境や文化を越えて対話と交流を深め、共通の課題の解決に向けて取り組むことが求められます。それを実現できる組織は、「民間」「独立」「国際」の理念を堅持してきた国際文化会館をおいて他にないと確信しております。

国際文化会館は、知的で進取の気概にあふれた会員の方々のご支援によって支えられた組織です。会員の方々には、相互に交流する懇親会、国内外の各分野第一人者による講演会などをご用意しております。詳細につきましては、どうぞお問い合わせください。

引き続き、時代の要請に応える知的対話、人材育成、文化交流の活動を意欲的に推進して参りますので、国際文化会館へ一層のご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

理事長 近藤正晃ジェームズ